FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴールデンウィーク演習大会コメント

mixiでも投下したコメントですが、こちらにも貼り付けておきます。

No チーム名 オーナー名 ( 1番機 2番機 3番機 )
01 potexchamge まるぎし ( アングリフ アングリフ アングリフ )
まるぎしさんお馴染みのフルチップパルスショットアングリフチーム。
今回はECMではなくシールドと飛翔体偏向装置を搭載し、ミサイル以外の耐性を高めているようです。

パルスショットアングリフの王道の戦術通りに、パルスを連射しながら突撃し、動きを止めたらショット連打で敵機を仕留める強烈な戦術で、パルス耐性の低いチームを面白いようになぎ倒していきます。

概ね完成度が高くアングリフの性能をかなり引き出していると思いますが、機動力の高いホバー型には苦戦している印象です。
おそらく遠距離ではほぼパルスしか使わないため、敵機を煽りきれないのが原因と思うので、遠距離でもショットガンを織り交ぜて戦うと燃料切れや地雷源への誘い込みが狙える可能性が高まると思います。


02 Turbulence UNANA ( マリアエレナ マリアエレナ マリアエレナ )
大チップ遊撃マリアチーム。

コンセプト的に制御が難しい戦術ながら驚くほど完成度が高く、相手によって遊撃・突撃・逃げをうまく使い分けるクレバーな戦い方が印象的です。

完成度が高いためあまりコメントする点は見当たりませんが、開幕大ミサ一斉射撃を仕掛ける相手に対してはミサイルを回避しきれず撃破される場面が稀にあるのが気になりました。おそらく開幕のフォーメーションの問題かと思いますが、マリアエレナは圧倒的な機動力があるので、開幕のフォーメーションを前にせず後ろにすることで開幕の被弾リスクを下げて生存率を高めることができるかと思います。


03 スカイレール団 髭レッド ( バッドドリーム 月影 トライポッド )
髭レッドさんおなじみのフライングバッドドリームチーム。

月影がバッドの吹っ飛ばし役となり、バッドが宙を舞う。
ロケットの護衛役は今回はおらず、単機逃げ回りながらロケット射出の隙を伺い射出します。

敢えてコメントをするのも無粋ですが、バッドを吹き飛ばすのになかなか苦労している様子です。
運が良ければ、宙を舞う悪夢が見られ、その日一日の運勢は好調かもしれません。


04 第12厨二桜花隊 aluc ( ケイローン セメタリーキーパー セメタリーキーパー )
ジャミングケイローン・セメタリーキーパーのチーム。
開幕ケイローンがジャミングを張り、大ジャンプで敵部隊の背後からこっそり忍び寄り、セメタリーキーパーが囮となる戦術のチームです。

ジャミングケイローン耐性の低いチームに対しては面白いほどこの戦術がはまり、対策を施していてもセメタの囮にはまってしまい、非常に厄介なチームという印象が強いです。

戦術的には非常によく練られていますが、気になるのはジャミングの薄さです。
ケイローンがジャミングを開幕に全放出した後、背後から通常移動でゆっくり忍び寄るため、ジャミングが薄まったタイミングでケイローンが発見されやすく、ケイローンの奇襲が失敗する場面が多々見受けられました。
ケイローンのみジャミングを持つ場合は、まず開幕ジャミングを3発のみ発射し、敵の背後を取ったタイミングで再度ジャミングを発射して視界を再度遮り、即突撃を仕掛けて速攻を狙った方が良いと思いました。

その他の対策としては、ケイローン以外にジャミングを持たせて高濃度のジャミングを維持する等の方法が考えられると思います。
この場合は、アラクネーあたりが適任になるでしょうか。


05 早すぎチェリー サクラサク ( ホイリーコーン ホイリーコーン ホイリーコーン )
まさかの9チップで作られた自爆ホイリーコーンチーム。
開幕大ミサとジャミングで奇襲を仕掛け、自爆ホイリーがロケットと格闘で突撃を仕掛け、自爆で道連れにする戦術です。

9チップながら定期ジャミング、しっかりとした突撃を行い基本的な動きのツボを押さえているのは驚きです。
このチップ制限の中では限界までできることはできていると思います。

特にコメントをすることは見当たりませんでしたが、強いて言うのであれば、1機ECM持ちのホイリーがいますが、全て自爆でも良いのかもしれません。


06 快速部隊 log23 ( トライポッド トライポッド トライポッド )
100チップの格闘トライチーム。

今回は小ミサとフォレストファイアを搭載し、フォレストファイアとプラズマビームガンで敵機の冷却を削って、攻撃を抑え込みながら、小ミサで動きを止め格闘で仕留める戦術のようです。

開幕から積極的に格闘を狙う好戦的な動きが特徴ですが、武装的には長期戦向きですのでフォレストファイアが残っているうちあるいは戦闘序盤は回避重視で戦い、敵機の冷却が切れたころを見計らって格闘戦へ移行すると、武装と戦術がマッチした戦いができるのではないかと感じました。


コメントは以上です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

M2delta

Author:M2delta
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。