FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パシファエ杯メタ読みの続き…機種別飛行編

パシファエ杯のメタ読みの続きです。機種別に考察していきます。全機種は無理なので一部のみで。今回は飛行編です。

・チャーイカ
飛行型が増えるので当然対空を重視する機体も増える。対地対空のバランスを考えると、ミサイルが多くなる。その点チャーイカは大量のソニックを搭載することで、ミサイルへの耐性を高められるので、飛行型の中でも勝ち上がりやすそう。主射に対する回避をどれだけ作りこめるか、飛行が多くなる中でどれだけドッグファイトを作りこめるかがカギになりそう。ハードの選択も耐熱装甲+ナパームでドッグファイトを強くするか、エネルギー生成装甲で地上機に対する回避力を高めるか、かなり悩ましい。

・モッキンバード
ミサイル撃たれたら負け確定な状況を回避しないと勝ち上がれないが、ミサイル回避を作りこめない。そうなると味方ロックによる高速周回でミサイルを振り切るルーチンが必須になるが、味方ロック周回はチップの消費が大きい。さらに高速周回をフルに生かすには、デコイとECMの制御もある程度のレベルが必要と36チップという制約があまりにも厳しい。それがクリアできてようやく戦えるレベルと、ソフトの作成のハードルがあまりにも高い。ミサイルさえ克服できれば、機雷以外には無敵になれるので、作りこむ価値はありそう。36チップの機能の限界に挑む玄人向けの機体。

・プリースト
重装甲+耐爆装甲+2連修復でミサイルに耐えられるのが最大の強み。ムラマサに対する耐性はかなりの性能。対地と対空のバランスを考えると、搭載する武装はフォレストファイア一択だが、フォレストファイアの高高度散布で、他の飛行機種を狩れるのも大きな利点。ハードの相性的に月影にまず負けないも大きい。対飛行、対月影への強さや他機種と比べるとソフトの作成難易度が圧倒的に低いので、大量発生してもなんらおかしくはない機体。

・その他
ソニック足りない、ミサイルに耐えられない
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

M2delta

Author:M2delta
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。