スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パシファエ杯(一部ランダムフィールド36チップ大会)についてもう少し深いメタ読みをしてみる

こんばんは。今回の記事はタイトル通り、パシファエ杯についてもう少し深いメタ読みをします。レギュレーションが1人3チームまで参加可という特殊ルールが追加され、ランダムフィールドについてちゃんと考察していなかったので、それらを合わせて考察していきます。

・飛行型が多くなる(飛行型をローリスクで出せる)
前の記事では「36チップ大会で飛行型はソフトの要求レベルが高くて、安易に大会に出しづらい」と書いたのですが、1人3チームまで参加できるという特殊ルールにより、ソフトの出来に自信がなくても、大会に出すことが可能です。むしろ3チームも出せるなら、全部地上型を出すよりも、ハード的に有利な飛行型をとりあえず1チーム以上出す人の方が多いんじゃないでしょうか。そういう訳で普通の36チップ大会よりも飛行型の割合が多くなりそうです。

・ランダムフィールドでは突撃機はトップメタにはならない
前回の記事で「36チップ大会では突撃機がトップメタ」と書いた手前で申し訳ないのですが、それは上級演習所のような平坦なフィールドでの場合です。高低差が激しいフィールドを含むランダムフィールドでは、突撃機はかなり厳しくなります。突撃型の車両でレーティングマッチを回した人はわかると思いますが、高低差が激しいフィールドでは車両型はブレーキンを多発してしまうのでまともに戦えません。機動力の高いアングリフですら、脚付きに逃げられる事態も普通に起こりえます。相性差がひっくり返ってしまうので、ランダムフィールドの場合、突撃型の車両は間違いなく減ります。影響が少なさそうな突撃機はケイローンぐらいですが、前述の通り飛行型の割合が多くなると予想でき、回避がしっかりできる飛行型にはケイローンはまず勝てないので、ケイローンが大量発生するという事もなさそうです。

・ランダムフィールドではジャミングフォグは厳しい
これも前回の記事で「36チップ大会でジャミングフォグは強い」と書いたのですが、ランダムフィールドだと安定性が大きく落ちます。ベテランの方は知っていることが多いと思いますが、屋外のフィールドだとジャミングフォグの効果の薄れる速度が屋内のフィールドの2倍です。ここまで効果の薄れる速度が違うと、屋外フィールドではジャミングフォグに頼った戦術は破綻しがちです。レーダー強化や霧逃げなんかはかなり厳しいんじゃないでしょうか。したがって突撃機同様にジャミング機は間違いなく減ります。

・バランス型の脚付き(月影)が増える
飛行型の割合が増えそうで、突撃機も減りそうとなると、対地対空ともにバランスよく戦える脚付きが増えそうな予感がします。バランス型の脚付きとなると、月影や冥界、セメタリーキーパーなどが筆頭に挙がるでしょうか。冥界はフルチップなら対地対空共に強いのですが、36チップだとチャーイカやアビスパみたいな張付き飛行には勝てないので多くはなさそうです。セメタリーキーパーはランダムフィールドだと、ういろうステップが全く安定しないので、そのスペックを発揮できなさそうです。となると36チップでも張付き飛行にも強く、対地対空ともにバランスよく戦え、万が一ケイローンと当たっても返り討ちの出来る月影が増えそうですね。ケイローン対策を考えると、突撃月影よりも砲戦月影の方が多くなりそうです。

・フライポッド純正チームは厳しい
過去の36チップ大会で規制された事もあり、何かと問題視されるフライポッドですが、今回の大会では厳しいと思います。なぜなら飛行も増える、脚付き(月影)も増えると予想されます。どちらも修復持ちで、それらのチームに対しては勝ちを拾うのが非常に難しく、特に距離を取って撃ち合う月影に対しては対フライポッドルーチンがなくても、引き分けすら危ういんじゃないでしょうか。したがってフライポッド純正チームが上位を狙うのは厳しいでしょう。ただしフライポッド混成チームは未知数です。36チップではフライポッド混成チームにまともに対処するのは不可能に近いので、完成度の高さによっては一人勝ちすることすらあるかもしれません。ですがわずか36チップでどれだけフライポッド混成チームの完成度を高められるでしょうか。どうなるか予想がつきません。

・飛行型と月影を潰せるチームが上位を狙えそう
飛行型と月影が増えると予想できるとなると、当然それらを潰せるチームが上位に行くと予想できます。それらを潰せるチームとなるとマリアエレナあたりが筆頭に挙がるでしょうか。苦手な地雷を持ったアングリフや冥界が少なく、万が一ケイローンと当たっても逃げ切れるマリアエレナが上位に上がってくる可能性は高そうです。あとはミサイルアラクネーもかなりいい線を行きそうです。36チップだとマリアエレナはキャンセルの制御がかなり怪しくなるので、ミサイルアラクネーはワンチャンスでマリアエレナを潰せる可能性があるのもポイントが高いです。ソフトの完成度の高さによっては、モッキンバードもいい線いきそうですが、ソフトの完成度の要求レベルがあまりにも高いので、上位を狙うのは苦しそうな感じがします。極端な例を挙げるとダークコフィンもいますが、こいつはあまりに極端なのでどうなるでしょうか。

パシファエ杯のメタ読みはこんな感じでしょうか。どこまで当たるでしょうかね。そしてこの記事がパシファエ杯のメタ読みにどこまで影響を与えるでしょうか。無理だとか、厳しいだとか言われても、どうにかしてしまうのがカルネージストなので、この記事に真っ向から反発して、チーム編成を大きく変えてくる人も多いかもしれません(笑)そんな私も出場するチームの選抜に悩んでいます(笑)
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

M2delta

Author:M2delta
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。