FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第1回エクサマスターズ反省会(振り返り)

100モッキン設計画面

今回出場したモッキンのプログラムです。
100チップモッキン

第1回エクサマスターズの反省会(振り返り)です。

ポンクレさんからコメントをいただいています。
---------------------------------------------------------------------------
02 HラジカルO「HM6」 M2 ( モッキンバード モッキンバード モッキンバード )

準優勝おめでとう!M2さんの自信作、いつもの(?)モッキンバード。…というか、実はどこが変わったのか私には分かりません。きっと微妙な調整がされているんだと思います(適当)。

中ミサで牽制し、中盤の大ミサでダメージを一気に取って、後は逃げ切るのが必勝パターン。隊列を乱さず弧を描く味方ロックは健在で、相手になかなかダメージを取らせません。ミサイル回避も素晴らしく、機雷がなければ勝てそうな気がしませんねw 特に指摘することなどないのですが数少ない負けパターンから分析すると、修復を使用させられた後はもっと積極的にECMを使った方が良いような気がしたかな。。。

なかなか優勝できない症候群に悩まされているようですね。昔のかぜよみさんもそうでしたが、ひょっとするとモッキンバードは呪われているのかも(#゚▽゚)ノ
 ツキに見放されている感がありますが、その実力は皆が良く知るところでございます。これにめげずに強豪をなぎ倒して優勝を目指し続けて下さい。でも次回は私が立ちはだかるかもしれないぞ(強く出た)!お互い鼻息荒く、頑張りましょう!
---------------------------------------------------------------------------
以上です。ポンクレさんありがとうございます。

微調整版ということで、パッと見動きは変わっていないですw

調整した箇所は以下の通りです。
・フレーム管理を見直して常に最高速での周回を維持
・ミサイルが周りにある場合はミサイルを撃たないように調整
・デコイを以前よりも温存
・ミサイルを近距離または正面以外から撃つように変更
・ロック処理を見直し集中ロック対象を撃破した後もターゲットを切り替えて定期ミサイルを撃つように変更
・ターゲットの優先順位を変更
・正面からミサイルが飛んできたら斜め前方向移動で回避
・ガンサイトを射撃時のみ起動し燃費を若干改善(した気がする)

クラシックに出した時は100チップでこれ以上の改善は厳しいかと思っていましたが、やろうと思えばやれるものです。逆に調整したところが裏目出ていることもあって、月影に対して正面以外からミサイルを撃っても全然当たらないです。月影に対しては真上からミサイルを撃ちたいところですが、領域が足りませんw ミサイルの撃ち方次第で勝つか引き分けるかがもろに影響するので何とかしたいところですが。

>>修復を使用させられた後はもっと積極的にECMを使った方が良い
修復が割れた後はミサイル検知で必ずECMを使うように設定したと思ってましたが、どこかで設定ミスしたかもしないです。

後個人的に気になる点は閉幕直前にクラーケンが直撃して、修復が間に合わなくて負けることが結構な頻度で起こることです。チャットでは常に同じルートを周回しているから、閉幕になる頃にクラーケンが密集して直撃しやすくなっているのではないかと指摘されました。これは要検証ですね。

反省会(振り返り)は以上です。

スポンサーサイト

第1回エクサマスターズ&準未勝利戦閉幕

第1回エクサマスターズ&準未勝利戦が終了しました。
改めまして参加者の皆様お疲れ様でした。

準未勝利戦は上位3チームが全て突撃機でした。マスターズは1位、2位を飛行が独占しました。
流石に準未勝利戦とマスターズで結果は同じようにはならなかったですね。

ちなみに自チームはEID差で2位でした。カルポクラシックに続いて2位と後一歩で優勝を逃す後一歩症候群が続いていますw

自チームの反省会はコメントを頂いてからするとします。

今回気になったのはパルス軽視の流れがあってアングリフが大躍進を遂げたことですかね。耐スタン装甲を装備しても厳しいとみてか耐スタン装甲を装備する機体がめっきり少なくなりました。地雷もかつてのアングリフ対策としてデススフィアがスタンダードな装備だったのですが、今はベヒーモスの方が多いですから、アングリフにとっては非常にいい環境と言えます。さらに自爆機がめっきり減ったのもアングリフにとっては追い風になっていると思います。

このままの流れが続けば、飛行型が増えない限り、突撃機はアングリフ一強なんてこともあるかもですね。それならそれで、アングリフ対策としてデススフィアがまた流行りだすだけでしょうけども。かつての愛機だったアングリフがこの先どうなるかは気になるところです。

ともあれ皆様お疲れ様でした。また次の大会でお会いしましょう。

第1回エクサマスターズ&準未勝利戦主催は明日締切です

タイトル通り第1回エクサマスターズ&準未勝利戦主催は明日締切です。

皆様の参加をお待ちしています。

ですが私は何で参加するかは全く決まってませんw

1カ月先のExaCup用のチームを作っていたり、じっくりアングやらアングとアビスパの混成やら、逃げと突撃両立の36チップマリアやら変なコンセプトチームばっかり作って遊んでいたので、新規でまともに戦えそうなチームを全く作っていませんw

自分も参加できる大会を主催するとこの体たらくですw

まあストックは豊富にあるので、出そうと思えば何でも出せるのですが、せっかくのマスターズですのでネタチームは出さないつもりです。あわよくば優勝狙いですが、参加枠は1リーグ分だけなので、メタさえ合えば優勝を十分狙えるでしょう。逆に外してしまうと、完成度が高くても下位に沈んでしまうことも十分あります。メタ読みなんてパシファエ杯でこりごりなので、もうやるつもりはありませんがw

最後に事務連絡ですが、大会の進行は確実にできるのが日曜の昼以降になります。いつもよりも進行がゆっくりになりますが、ご了承ください。

第1回エクサマスターズ&準未勝利戦開催のお知らせ

ブログで宣伝するのをすっかり忘れていました。

第1回エクサマスターズ&準未勝利戦を開催します。

受付期間は2014年11月15日(土)23:59までです。

詳細はしたらばの大会スレ3かmixiのカルネーハートエクサコミュニティのご確認をお願いします。

2つの大会の概要 を説明すると、初心者もベテランも参加できる全員参加型の大会です。 先に準未勝利戦を開催し、上位3チームはマスターズにゲスト参戦。 マスターズで頂上決戦を行うという趣旨の大会です。

皆さまの参加をお待ちしています。

機体解説 近接機 ローケン

36ローケン設計画面

ローケンの装備:M6ナパーム弾・F12ショットシェル・フォレストファイア 盾冷冷冷
この動画のローケンのDLはこちらから。


このローケンのプラグラムです。
36チップローケン

近接のカテゴリーに分類されるローケンの解説です。ローケンは車両型のOKEで搭載可能な武装が全てアングリフと同じですが、正面からの被弾面積がやや大きいながらも、射角は前方240°と広めの射角を持ち、耐久力も1080とアングリフよりもやや高いです。ローケンはアングリフとよく比較されますが、ここまでのスペックを見る限りでは、突撃に特化したアングリフと広めの射角で周回しながら戦うローケンとでそれぞれ違いがあり、一長一短のように思われます。しかし後述の理由からローケンは劣化アングリフの評価を受けており、車両型最弱とまで言われる不遇のOKEです。

その最大の理由は、通常移動速度が140㎞/h程度と非常に遅いことです。バジリスクの通常移動速度よりも遅いです。この通常移動速度の遅さから、接近しても射撃中に主射の有効射程外に逃げられてしまうことが多く、車両型としては突撃力が低く、突出した強さを持っていません。射角の広さから、周回に徹して戦う戦闘スタイルならば強さを発揮できると思われがちですが、エクサの仕様では急速移動の度に射角が真正面になるようにリセットされるため、通常移動速度の遅さと相まって射角の広さを生かすことも難しいです。

また目に見えるスペック以外の細かい点でも多くの問題を抱えています。この問題点については、黒板消し日誌氏がブログで解説されているので割愛します。

このように様々な視点から捉えても、ローケンは恵まれておらず、車両型最弱とまで言われる不遇のOKEです。

ここまでローケンの不遇っぷりを述べた所で、ローケンの戦術を解説していきます。先ほど突撃力は低いと述べましたが、ローケン自体は突撃戦術を取った方が大会で良い戦績を残していることが多いです。しかし突撃戦術を取ると、どうしてもアングリフと比べられて、アングリフを使った方が良いという結論になってしまうので、ローケンがアングリフと差別化できる周回(近接)タイプについて解説していきます。

周回タイプの基本となる戦い方は、相手の周りを周回しながら、地雷や対地機雷で動きを制限して、ナパームガンやビームガンでじっくり戦い、ショットガンの射程圏内に飛び出して来たらショットガンで大ダメージを狙うというものです。通常移動速度は遅いものの、強機体として挙げられる脚付き以外なら、それなりに相性が良く、有利に戦えます。

逆に苦手な相手としては、機動力の高い機体やカノンを装備した機体です。機動力が高い相手には射撃中に簡単に逃げられてしまいますし、カノンを装備した脚付きに対しても、近距離に張り付くのは難しく苦戦しがちです。

ここまでローケンの解説をしてきましたが、現状では車両型最弱とまで言われているので、ゲームに慣れていない初心者に対してはお勧めできない機体です。ゲームに慣れて新しい戦術を開拓したいベテラン向けの機体と言えるでしょう。
プロフィール

M2delta

Author:M2delta
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。